Welcome to our Website!

winter 2020

tohki 8.png

電話メールご連絡ください。

2020 年度 3月開講!

新入生募集

WHY TOHKI?

「英語の指導」に関しては、日本で屈指の塾と自負しています。

ぜひ、合格実績各ページをご覧ください!

その「違い」がわかるはずです!

2020年センター試験
塾内平均176,5点でした!(全国平均 116,3点)

TOHKI NEWS

UPDATE:

  • 2020/5/28 

6/1(月)から教室での授業を再開します。

  • 2020/4/16  

コロナ感染拡大の為、多摩・調布教室を4/16~5/31まで休校します。

  • 2020/3/02  

2020年度の入試結果を公開しました。

  • 2020/2/04

  新年度の時間割を公開しました

  • 2020/1/05

  新しいホームページを公開しました

Winnipegフランス地区にある「セントボニフェス大聖堂」です。

留学間もなく日曜に散策した時に撮りました。

- OUR perspective -

まともな英語!

食産業や運送会社による偽装が、相次いで騒がれています。

新聞のコラムによると「もどきばかりで本物のない時代」なのだそうです。それならば、教育業界はどうでしょうか?大学受験はどうでしょうか?英語教育はどうでしょうか?

英語教育だけに言及すれば、今まさに何処かの教室では、淡々と英語の偽装が行われています。それをチェックする人もシステムもありませんから、まず気づかれることはありません。

残念ながら、まともな英語教師、まともな英語指導は、世間が思っている以上に少ないのです。ましてや個別指導の大学生講師など論外です。当塾の優秀な生徒でさえ、大学生になって後、何処かで英語を教えるのかと思うと恐ろしいです(他の講師よりははるかにましでしょうが)。

指導者である以上、「人を育てる」という社会的責任を担っていることを忘れてはいけません。ゆえに、教科書や参考書の内容を鵜呑みにすることなく、書かれている内容に逐一疑問を抱くなど、慎重の上にも慎重を重ねなければなりません。

また、英検1級やTOEICで満点を取って、これ見よがしに自慢している場合でもありません。英語教師ならそれくらいのことは当たり前でしょう。決して浮かれたり驕ったりすることなく、むしろ「まだまだ」と自らを厳しく律して、英語を追究し続けなければなりません。

We are ready for the change!

入試と英語!

入試科目の中に英語のない大学は少ないです。

それどころか、英語の成績で合否が左右されるのが実情であると言っても過言ではありません。

大学入試では、英語がそれほど大きな位置を占めているのです。

極論すれば英語の成績が悪ければ、国立大、難関大進学はあきらめなければならないと言っても良いくらいです。このことを肯定するわけではありませんが、これが現実なのです。

しばしば「高3の夏から頑張る!」のようなコピーが予備校のチラシに踊りますが、英語においてそれは不可能です。「英語」とは第2言語の習得を意味するわけですから、一朝一夕で身につくはずがないのです。それにもかかわらず、童話「アリとキリギリス」に出てくる「キリギリス」のごとく、散々サボった後に、慌てて塾や予備校に駆け込もうとする生徒がいます。当塾に来ることを検討されるのならば、ぜひ手遅れにならないうちに来てください

Boys Be Ambitious!「少年よ、大志を抱け」

少年よ、大志を抱け。

しかし、金を求める大志であってはならない。

利己心を求める大志であってはならない。

名声という、つかの間のものを求める大志であってはならない。

人間としてあるべき すべてのものを求める大志を抱きたまえ。

 

Be ambitious not for money or selfish aggrandizement,

not for that evanescent thing which men call fame.

Be ambitious for the attainment of all

that a man ought to be.

William Clark Smith

〒206-0041

東京都 多摩市 愛宕4-6-25 落合 ROKUビル103

〒182-0024

​東京都 調布市 布田1-9-3 Place調布101

 

    TEL: 090-9540-8208

Contact Us
  • tohki 6

© 2020 by     Language School